« 折々のうた最終章 | トップページ | 出版パーティ »

秋の雲吟行

ほたるさんのコメントを拝読し、う~~む、どうしてもちあきなおみの「さとうきび畑」を聴きたいっ! と思い、とうとう決心して、Amazonにちあきなおみの6枚組CD「これくしょん~ねえ、あんた?」を発注しました。ほんまに、清水の舞台でんがな。来週半ばには届くと思うので、「さとうきび畑」の感想は、またその時に……。

きょうはいつもの通り、谷保吟行に行きました。天神様の裏の幼稚園田んぼでは、きょうが稲刈りの日だったんですね。稲架掛けの列の前に園児たちがずらりと並んで、記念の写真を撮っている姿がとてもかわゆかったです。トシのせいでしょうね、最近ますます赤ちゃんや幼児が大好きになり、電車や道の途中で子どもに出会うと、話しかけたりからかったりせずにはいられなくなり、ママたちに嫌がられています。でも、かわいいものは、かわいいんだから、仕方ねえんだよなあ。空には絹で刷いたような秋の雲が流れ、気持ちのよい吟行の一日でした。途中、古民家に集まった近在のおじさんおばさんたちが芋煮会などをやっていて、芋煮の椀をふるまわれた句友もいたのですが、小生はとうとう芋にありつけず、とっっっても残念でした(笑)。

  刈り取りし稲穂を胸に撮さるる       大波

|

« 折々のうた最終章 | トップページ | 出版パーティ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 折々のうた最終章 | トップページ | 出版パーティ »