« 俳句吟行は「旅」なのだ | トップページ | ハマのジャズ日和 »

秋晴れ黒川吟行

さわやかな一日でしたねえ。空を見上げりゃ、いわし雲。川崎市麻生区黒川の稲田は、ごく一部を残して稲刈りも済み、稲架(はざ)の間ではのんびりと稲扱きの作業中。なぜか黒川のトンボはみなペアでつながって飛行中。秋蝶が恐ろしいほどの数の群舞を繰り広げておりました。禅寺丸柿も林檎もようやく色づきはじめ、俳人たちは落林檎を拾っては回し齧りをしておりました。ほんとに浅ましい(笑)。句会は汁守神社の境内にある公会堂(といっても、村のじいさんたちの宴会場か)で行いましたが、ここを世話してくれた地元のJ子さんの話によりますと、近くには飯守神社というのもあるそうで、そうすると他に菜守神社というのもあるかしら(あるわけないだろっ)。とにかく俳句などやるには勿体ないような気持ちのいい吟行日和でありまして、事実私めはロクな俳句ができませんでした(笑)。詳しくは、「大」の次の号を見てね。そうそう、「大」秋号は、M吉くんのエッセイ、フレンチ式の失恋談が好評のようでしたよ。

  稲架に添ひ里山ゆるく曲りけり       大波

|

« 俳句吟行は「旅」なのだ | トップページ | ハマのジャズ日和 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

Y起さんが落ちている林檎を拾って、T羽さんなど実に美味そうな音を立てて齧るのですが、わたくしは入歯なので齧れず、Y雪姐御に齧ってもらった口紅付の欠片をご相伴させていただきましたが、それを句に詠んでいたのが誰あろう大波さん(笑)。
それにしても、凄い紋白蝶の群舞とつるみとんぼでしたね。黒川は季語の宝庫でした。J子さんも寿々丸連れて吟行すれば良かったのに。犬の方が佳句を詠みそうな、のどかなところでした。

投稿: 猫髭 | 2007年10月14日 (日) 14時48分

大波さん!今晩は
黒川銀行ではお世話になりました。
句会場の汁守神社も趣きのあるところでした。
じゅん木さん!黒川は昔日本中にあった里山の景色のようでほっとします。来年の個展のことを考えると、胃が痛くなる毎日です。ありがとうございました。

投稿: クーベルタンM吉 | 2007年10月15日 (月) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句吟行は「旅」なのだ | トップページ | ハマのジャズ日和 »