« 2007年10月28日 (日) | トップページ | 2007年10月30日 (火) »

貫地谷しほりと北川景子

10月のテレビドラマ展望で、朝ドラ「ちりとてちん」と深夜「モップガール」が面白いと書きましたが、何が面白いかっつーと両方ともヒロインが超面白いのです。共通しているのは、どちらのヒロインも、ドジで落ちこぼれというところでしょうか。私、優等生キャラは無条件で嫌い、落ちこぼれキャラには無条件で共感してしまうので(笑)。「ちりとて」の貫地谷しほり、「モップ」の北川景子、どちらも「げっ」と驚いたときの表情がかわゆくてかわゆくて。特に景子たんは美人なのに顔の筋肉がゆるゆるの感じで、あんなにマンガチックに唇をひん曲げることができるなんて、とっても信じられません(笑)。「ちりとて」では母親役の和久井映見、「モップ」では谷原章介、それぞれが日ごろのイメージをかなぐり捨てて、非ジョーシキな怪演・珍演を繰り広げているのも見所ですぞ。

今年もわが町の駅前目抜き通りでは、「ハロウイン多摩」と称するわけのわからない催しをやっていて、魔女やかぼちゃのお化けのガキんちょどもが走り回ったり、泣き喚いたりしていました。え~~い、やかましいぞガキども。どけ、どけい!

  たこ焼を食らふ魔女ゐて万妖祭      大波

| | コメント (0)

« 2007年10月28日 (日) | トップページ | 2007年10月30日 (火) »