« 2007年10月18日 (木) | トップページ | 2007年10月20日 (土) »

続・ちあきなおみの歌

かつて日活アクション映画の常連悪役に、郷えい(金偏に英語の英)治という俳優がいましたが、彼は宍戸錠の実弟。兄よりも暗い感じで、凄みがありました。この郷が、ちあきなおみの伴侶だったのですが、1992年に死別。ちあきは郷の柩にすがって号泣し、「私も一緒に焼いて」と叫んだのだそうです。郷の死後、ちあきは歌の世界からふっつり姿を消し、以後二度と復帰しようとしなかったのですから、別離の悲しみの深さが分かります。例のCMで流れた小畑実「星影の小路」のカバーバージョンをきっかけに、ちあきの歌声に若者たちの間で人気が高まり、今もファンが増え続けていると言いますから、ほんとうに歌の力というものは時代を越えるのですねえ。NHKは「歌伝説・ちあきなおみの世界」という番組を総合テレビと衛星第2、ハイビジョンなどで繰り返し放映しており、これを収録したDVDは私の宝物です。でも、ちあきなおみの「さとうきび畑」、私も聴きたいなあ。

  一曲を終へ秋苑のしじまかな     大波

| | コメント (1)

« 2007年10月18日 (木) | トップページ | 2007年10月20日 (土) »