« 平井照敏先生のこと | トップページ | 古希の若大将 »

平井照敏編「季寄せ」のこと

平井照敏先生で思い出すのは、2001年に私が編集を担当した「季寄せ」です。それ以前に河出書房から文庫版全5巻で発行された平井先生の「新歳時記」を一冊にまとめて「季寄せ」としたものですが、後にも先にもあんなに苦労した仕事はなかったと断言できます。当時私は、1年間ほとんど休みというものを取らないで、この「季寄せ」に取り組んだのです。文庫本とはいえ、5冊分の文章量をそのまま一冊に収めることは到底ムリ。そこで私としては「新歳時記」の原文にかなりの朱(アカ)を入れて、削除整理を先生に提案せざるを得なかったのですが、もともと強い確信を抱いて季語の本意解説を書かれた先生が「削除」に容易に賛同するはずもなく、毎日のようにFAXをやり取りして「ここ、削りましょう」「いや、絶対にダメ!」という応酬を繰り返したのです。あれには相当神経が参りましたが、結果は私の2勝8敗、平井先生の頑固な学者俳人気質に敗れ去ったのでありました。楽しかったのは、「新歳時記」では数多くあった例句を整理して、一つの季語に例句をたった一句に絞ったこと。この季語の究極の一句はこれだ! という気持ちで選んだのは、実に気分がよかったです(笑)。全体を通して、これほど私が季語について学んだ経験はかつてなく、苦労も大きかったけれど、得たものはそれ以上に大きかったようです。今更ですが、天国の平井照敏先生に深い感謝をささげたいと思います。

  今更に過ぎ越し方を虫の声      大波

|

« 平井照敏先生のこと | トップページ | 古希の若大将 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

平井照敏編『現代の俳句』(講談社学術文庫)は俳句を始めるときに初めてわたくしが買ったアンソロジーでしたが、その後、わたくしが瞠目した俳人たちを一人も載せていない(波多野爽波、京極杞陽、柴田白葉女、須並一衛、藤木清子、今井千鶴子、加藤三七子、右城暮石、茨木和生、攝津幸彦、西野文代等)くせに自分をぬけぬけとアンソロジーに載せるという厚顔さと、現代俳句の担い手として長谷川櫂のような桜紅葉野郎を挙げていたので、平井照敏の目には懐疑的でした。平井照敏の『季寄せ』は大波さんの編集でしたか。それなら買います。

投稿: 猫髭 | 2007年9月 2日 (日) 11時35分

平井照敏編『新歳時記』(河出文庫)5冊組は私が愛用している歳時記の一つです。
むか~し私がまだパソコン通信で句会をやっている時、句会のメンバーからトップ賞のご褒美として頂戴したものでした。もう10年前のことです。
とても使いやすいのでいつも手の届くところにおいて使っています。
「季寄せ」今度探してみますね。

投稿: ほたる | 2007年9月 2日 (日) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平井照敏先生のこと | トップページ | 古希の若大将 »