« 2007年9月29日 (土) | トップページ | 2007年10月 1日 (月) »

オダギリジョーはお好き?

先日ある人と、オダギリジョーと小栗旬はどちらがイケてるか、なんて実にくっだらない論戦をしてしまったのですが、よく考えてみるとこの二人、「あずみ」という映画で共演しているんですね。小栗くんは確か上戸彩演じる女剣士あずみの仲間の一人、オダジョーはあずみの敵で殺人鬼・最上美女丸という役。小栗くんのことはほとんど覚えていないのですけれど、真っ赤な唇でへらへら笑いながら人を斬るオダジョーの美女丸は強烈な印象を残しています。私の中では、最初から勝負にならず、オダジョーの圧勝。以後、オダジョー映画は注目して観ているのですが、「アカルイミライ」の水母に取りつかれた若者、「血と骨」であの凶暴なたけしと雨中で壮絶な取っ組み合いをしたヤクザ。「メゾン・ド・ヒミコ」でヒミコに献身的に尽くすゲイの青年。「パッチギ!」のいい加減な生き方のヒッピー青年。そのほか「オペレッタ狸御殿」「SHINOBI」「蟲師」と、常に変幻自在な役どころをこなして、とても面白い役者でありつづけており、男優はあまり好きにならない私としては珍しく、かなりのファンなのです。とりわけテレビドラマ「時効警察」の霧山修一郎は、天然で、マヌケで、かわいくて、麻生久美子演じる三日月しずかならずとも、なんだか好きになっちゃいません? 映画「東京タワー」だけは、あまりにマトモなので、引いちゃいましたけどね。

  九月尽湯船の蓋を磨き上げ        大波

| | コメント (2)

« 2007年9月29日 (土) | トップページ | 2007年10月 1日 (月) »