« 2007年9月13日 (木) | トップページ | 2007年9月15日 (土) »

阿久悠作詞集

先ごろ亡くなった阿久悠作詞の歌を集めた5枚組のCD-BOX、どうしても欲しくなり、とうとう買っちゃいました。2年前に発売された「人間万葉歌」というタイトルのBOXです。阿久悠が生きているときは、このタイトルがクサくてイヤだったのですが、死なれてみると「まあ、いっか」と買う気になったのです。110曲近い歌が並んでいるのですが、都はるみ、五木ひろしからピンク・レディーやフィンガー5まで、まあなんと幅広い守備範囲の作詞家だろうとビックリしてしまいます。でも演歌を聴いてもいわゆる「ド演歌」というのはないですね。全体にサラリとモダン。私が好きなのは、なんと言っても北原ミレイ「ざんげの値打もない」、沢田研二「時の過ぎゆくままに」、八代亜紀「船唄」、河島英五「時代おくれ」、小林旭「熱き心に」、藤圭子「京都から博多まで」といったところかな。ピンク・レディーも、フィンガー5も嫌いじゃないっすよ。

  待宵の時代おくれでほろ酔ひで     大波

| | コメント (0)

« 2007年9月13日 (木) | トップページ | 2007年9月15日 (土) »