« 2007年9月 8日 (土) | トップページ | 2007年9月10日 (月) »

駒場吟行、お疲れ様

M吉くんのコメントにあるように、ケガ治療中のA奈さんがコルセットをはめて今日の吟行に参加しました。あまり無理をしないように句会の半ばでお帰りいただきましたが、その燃えるような俳人魂に、一同感涙に咽んだのでありました(うるうる)。いやあ、でも、もともと明るいA奈さんが3ヶ月ぶりで顔を見せただけで、吟行も超あっかるい雰囲気になりましたよ。きょうの吟行は井の頭線の駒場東大前駅から学校田=通称ケルネル田んぼ(ケンネルじゃないですからねっ!ケンネルだと犬小屋でしょ)を通って日本民藝館へ、そこから駒場公園に入って前田公爵邸跡和館で句会という段取りでしたが、台風通過後の暑い一日なのに鬱蒼と茂る雑木林の木陰は涼しい風が吹いて、結構気持ちのよいコースでした。参加者は全部で17人、大人数だったので句会はやや時間が足らず、みなさんにせわしい思いをさせました。不手際をお許しくださいね。日本民藝館は大きな甕や大皿がごろごろあって、面白かったですねえ、入場料千円はチト高いと思いますけれど…シルバー割引もないし(笑)…。でも雰囲気最高ですから、見たことのない方にはお奨めします。夜帰宅して、黒澤明の「天国と地獄」のリメイクテレビドラマを観ましたが、昔の三船敏郎役の佐藤浩市が予想以上の好演で、結構面白かったです。犯人役のブッキー=妻夫木聡くんも一生懸命だったんだけれど、昔の山崎努の毒がないからなぁ。警察側の尾行なんだけれど、あんなに大勢で取り囲んだりしたら、いくらブッキーが鈍くても気がつくんじゃないかな。とても気になりました。さて、寝るぞ。

  水引やケルネル田の碑は赫し    大波

| | コメント (0)

« 2007年9月 8日 (土) | トップページ | 2007年9月10日 (月) »