« 高城高というミステリー作家 | トップページ | 「伊豆の踊子」百恵・友和版 »

猛暑、極暑、炎暑

いやあ、暑かった、暑かった(汗、汗、汗)@へ@; こんなに暑くて、かっと照りつける日差しの中を、何を好き好んで吟行したりするのでしょうか。こんな日は、ふつう、シエスタ(午睡)ですよね、セニョール、セニョリータ。あまりの暑さに俳句中枢神経が全く機能しなくなりましてえ……

  踏切のかんかん鳴りし極暑かな     大波

……といった水準の句しか出来なくなっちゃった私です。ごめんなさい、シャワーを浴びにいってきますので、今夜はこれでグッドナイ、エブリボディ。( ^ _ ^ )/~~~

|

« 高城高というミステリー作家 | トップページ | 「伊豆の踊子」百恵・友和版 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

大波さん 今日は!
今週土曜日は、久々の”大”吟行参加、よろしくご指導願います。
  M吉

投稿: クーベルタンM吉 | 2007年8月 7日 (火) 16時19分

昨日はありがとうございました。花火残念。焼き鳥屋に入って行くの見て、ええつ、冷房のない所にいくの!これ以上の炎熱地獄は無理と、止めてしまいました。聞けば二階は冷房がきいていたそうな。花火見逃してしまいました。でもおかげで久々にりうさんと美味しいビールを飲みましたよ。では夏ばてしない様に、お互い、気をつけましょう!

投稿: 尾崎じゅん木 | 2007年8月12日 (日) 15時44分

大波さん

久しぶりの"大”の吟行参加して楽しかったです。
芝離宮も浜松町海員会館も非常に懐かしい場所でした。
たしか2002年の九月頃に東京漫歩団で来たような気がします。銀やんまが飛んでいて、一寸早い渡り鳥が来ていました。じゅん木さんもその時最初の参加で、桃子先生とよく似ていたので記憶に残っております。
芝離宮は、池を中心にバリエーションに富んだ公園で、高砂百合が咲いて、みんみん蝉が鳴いて、三十六度の酷暑以外は素晴らしい所でした。

M吉

投稿: クーベルタンM吉 | 2007年8月12日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高城高というミステリー作家 | トップページ | 「伊豆の踊子」百恵・友和版 »