« ケータイでビックリ! | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎の見た玉砕 »

花火だ、花火だ、わーい

今日の吟行、竹芝埠頭公園あたりを潮風に吹かれながら、などと思っていたのですが、あまりの炎暑に、急遽、集合場所の浜松町駅すぐ隣の芝離宮公園に吟行地を変更。浜離宮にくらべればこじんまりした印象の芝離宮なのですが、入園してみれば(料金150円、65歳以上は70円! 安い!)句材は山のようにあって、句会は佳句続出(とゆーことにしておきましょーか…汗)、みんなニコニコしながら二次会の焼き鳥屋さんへ流れ込んだのであります。きょうは東京湾の花火大会当日とあって、港の周辺は人、人、人でごった返し、焼き鳥のあとぜひ花火を見たいというFさんとN子さんの美女二人をエスコートして(吟行主催者のお努めでござります…汗)、日の出桟橋付近まで出かけました。ほとんどの場所は陣取られて座る余地もなかったのですが、ゆりかもめの駅の近くにようやく見物席を確保、目の前にはゆりかもめの軌道の下部施設や海岸倉庫などがあって、いったいここで花火なんか見えるのかしらと不安でしたが、いざ花火が打ち上がってみると、なんとここは花火を正面から見ることができるスペシャルシート。つぎつぎに繰り広げられる光の饗宴(クサい表現…汗)に酔いしれたのであります。Fちゃん、N子ちゃん、今年の夏のいい思い出になったぜ!(ますますクサい…汗、汗、汗)どどんぱっ。

  揚花火しだれて落ちて海の闇      大波

|

« ケータイでビックリ! | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎の見た玉砕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日はおかげさまで、吟行の豪華付録のように盛大な花火を見ることが出来ました。
日の出桟橋に着くまでは、どうなることやらと流浪の民の思いでしたが、上手い具合に場所取りが出来てホッ。
帰路、一足早く飛び乗ったゆりかもめの窓から見た花火も、夜の東京湾とともに一望でき、壮観でした。感謝です。

投稿: のぶこ | 2007年8月12日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケータイでビックリ! | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎の見た玉砕 »