« 2007年8月 6日 (月) | トップページ | 2007年8月 8日 (水) »

「伊豆の踊子」百恵・友和版

テレビ東京の午後の映画の時間帯で、山口百恵・三浦友和の黄金コンビの青春映画が一週間シリーズではじまりました。一回目は「伊豆の踊子」、これほど何度も映画化されている作品もないでしょうが、私は美空ひばり~石浜明版と並んで、この百恵~友和版が好きですねえ。旅回りの芸人の感じはひばりちゃんが最もぴったりしているのですが、無垢で幸薄い感じはぜったいに百恵ちゃんが一番!!吉永小百合版はやっぱり優等生っぽい、鰐淵晴子版はバタ臭い、内藤洋子版は可愛らしすぎ、田中絹代版はいくら私でも見ていません、だって無声映画だもの(笑)。何でも百恵・友和は、この「伊豆の踊子」が初共演だったそうで、友和くんが匂うばかりのイケメンぶりです。百恵ちゃんが、一発で彼の爽やかさに参ってしまったのが、画面からじんじん伝わってくるんですよ、ほんとにさっ!(笑)。最後の港での別れの哀切さは、この百恵・友和版が一番じゃあないかなあ。別にこの映画の主題歌ではないのですけれど、三浦光一の「伊豆の踊子」の歌が胸に響きます。「さ~よならもい~えず泣~いていた~私の踊子よ、あ~あ船が出るう~」と、これも名曲ですねっ、なに? 聴いたことないって?(笑)

  高まりて不意に途切れて踊唄       大波

| | コメント (0)

« 2007年8月 6日 (月) | トップページ | 2007年8月 8日 (水) »