« 2007年8月 3日 (金) | トップページ | 2007年8月 5日 (日) »

野添ひとみを知っていますか?

映画「天然コケッコー」を観たとき、廊下に並ぶチラシ類の中に、野添ひとみの映画をシリーズ上映するというものがあり、懐かしさにチラシ一枚を手に取りました。野添ひとみという女優を知っている人は、私同様もう相当な年輩になっている筈。少女マンガから脱け出たような大きな黒い瞳、ふっくらした頬っぺた、長い黒髪。最初は松竹映画にに出ていて、「君の名は」にも名を連ねているのですから、やっぱり、相当古いっすねえ。松竹時代に最も印象的だったのは「まごころ」という映画で、主人公石浜明(この人も古い!)の受験生がひそかに憧れる薄倖の病弱少女、アパートの窓越しにしかその姿が見えないという儚さが素敵でした。松竹から大映に移り、増村保造監督のアイドルになってからは、活き活きした青春ヒロインそのものに変貌し、「巨人と玩具」「親不孝通り」などの佳作がありますが、忘れられないのが「くちづけ」という映画で、口笛で奏でられたテーマ音楽をいまだに覚えているほどです。この「くちづけ」だけでもぜひ観たいのですが、上映館が阿佐ヶ谷のラピュタでモーニング上映だからなあ、とても無理っぽいです。この阿佐ヶ谷ラピュタは3階に「山猫軒」というレストランがあるのですが、山猫軒さん、入ったことあります?

  大西日踊櫓の影ほそり       大波

| | コメント (3)

« 2007年8月 3日 (金) | トップページ | 2007年8月 5日 (日) »