« 2007年7月 2日 (月) | トップページ | 2007年7月 4日 (水) »

父親たちの星条旗

クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作のうち、日本軍の悲劇を柱にした「硫黄島からの手紙」は映画館で観て深い感銘を受けたのですが、アメリカ軍からの視点でつくられた「父親たちの星条旗」は観る機会を得ないままでした。「大」の印刷製本が仕上がるまでのポカリと空いた時間、絶好のチャンスだと思ってDVDをレンタルし、ようやく「父親…」のほうを観賞しました。やはり、打たれましたね。硫黄島の高地に兵士たちが星条旗を立てる印象鮮烈な一葉の写真。そこから「英雄」がつくりあげられ、戦時国債売り出しのPRに兵士たちが駆り出されるのですが、ともすれば彼らの思いが還っていく地獄の戦場の描写に、まず息を呑まざるを得ませんでした。イーストウッド監督は、戦場には「英雄」など存在せず、本当に戦った者たちはただ沈黙を守るだけだというこの重い物語を、むしろ淡々と抑制の効いた演出で展開するのです。ラストシーン、戦いの合間のつかの間の海水浴の場面に、「あらゆる戦争が大嫌いだ」というイーストウッドの思いが滲み出ていると思いました。日米双方の視点で、重層的に「戦争」を捉えたイーストウッド監督は、やっぱり凄い人ですねえ。

きょうは、俳句はありません。勘弁してくださいね。

| | コメント (0)

« 2007年7月 2日 (月) | トップページ | 2007年7月 4日 (水) »