« そうめん賛歌 | トップページ | 本日、棚卸につき… »

水辺の雀たち

少しまとまった数の俳句が欲しかったので、水元公園に出かけてみました。なんと、わが町多摩センターから小田急多摩急行という電車に乗ると、全く乗り換えなしで大東京を横断し、水元公園のある葛飾金町の駅に着くんですよ! 水元公園の湖の向こう岸は埼玉県ですからね。こんな便利な交通機関は、かつて想像したこともありませんでした。パスモで表示される金額は、片道720円。安い!。水元公園は、ちょうど、花菖蒲、睡蓮、ハスの花の季節。あんまりきれいなので、よう俳句がつくれまへんでした(笑)。この公園の特徴は、鳥たちがいやに人なつっこいことではありませんでしょうか。ベンチなどで休んでいると、すぐ鳩やら雀やらが足元に寄ってきて、「なんか食べ物くれぇ~」という目つきで見あげるのです。とくに小雀たちは、まるで人をこわがらず、コロッケの衣やチョコレートのかけらを熱心についばむのですから、まあ、可愛いったらありゃしない。ほかに、すらりとした姿の青サギや川鵜、アジサシ、夏ツバメ、鴨なども見かけました。カラスもいましたが、都心に住む憎たらしい奴らと違って、なんとなく可愛げがありましたよ。「大」の編集作業が一段落して、ホッとした気持ちにふさわしい水辺の景でした。くどいようですが、俳句はできなかったけど(笑)。

  鯵刺の嘴のかすめる梅雨の湖      大波

|

« そうめん賛歌 | トップページ | 本日、棚卸につき… »

俳句」カテゴリの記事

コメント

水元公園!大好きな公園です。
どの季節もいいけれど、真冬に行ったときもよかったなあ。
切り株の年輪の溝に溜まった水が細く細く凍っていました。きれいだったなあ。
雨の日のあの大きな流れが煙る感じもいいですよね。
また行きたくなりました。私も俳句はできそうにないけれど。

投稿: そら | 2007年6月27日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうめん賛歌 | トップページ | 本日、棚卸につき… »