« 五所平之助監督の俳句 | トップページ | ファム・ファタール »

金魚坂下見

13日に「大」の吟行句会を予定している本郷のお食事どころ「金魚坂」に、打ち合わせかたがた下見に行ってきました。初めて利用する場所ですが、もともと老舗の金魚屋さんだったのを、水槽の金魚をそのままに食事や喫茶もできるお店にしたということで、どっしり古い木造の素晴らしい空間でした。打ち合わせを終えて店の外に出ると、ずらりと並んだ水槽に和金や出目金などのかわゆい金魚たちがひらひらひら。きょうは真夏の暑さだっただけに、なんとも涼しくて癒されましたね。思わず一句詠みたくなりましたけれど、金魚の句は当日までガマンすることにしましたから、皆さん、まあそんなに厳しい目で読まないでね(汗)。「金魚坂」から細道を抜けると、菊坂はすぐ隣。明治の文人たちの旧居跡がたくさん残っているところですが、路地の家々の軒先には鉢の花々が彩りよく咲いていて、下町の風情が残っています。詳しく知りたい方は菊坂の途中のコロッケ屋さんで、一部200円でウォーキングマップを売っていますから、それをど~ぞ。でもこのマップの文人たちの似顔絵は、思いっきりドベタだにゃあ。ギャラくれれば、似顔の名手のこの私が描いてあげるのにさっ。

ところで、「大」の会員諸氏。夏号の投句締切は、本日5月10日ですから、忘れないようにねっ!

  菊坂の火伏稲荷の薄暑かな      大波(これ、吟行の見本)

|

« 五所平之助監督の俳句 | トップページ | ファム・ファタール »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五所平之助監督の俳句 | トップページ | ファム・ファタール »