« 2007年5月30日 (水) | トップページ | 2007年6月 1日 (金) »

深見けん二「折にふれて」

日ごろたいへんお世話になっている深見けん二先生の最新の著書「折にふれて」が届きました。ふらんす堂文庫の一冊なのですが、句集ではなくて深見先生が主宰誌「花鳥来」に連載で書き綴ってこられたいわば俳句作法のあれこれの本です。深見先生の温厚篤実なお人柄を反映して、書かれている内容はひたすら真っ直ぐ、曲芸的な文章はまったく見当たりませんから、まるで玄米を噛みしめるように読むことができ、読んでいるうちにじんわり味わいが出てくるという実に俳句栄養のいきわたった本なのであります。例えば先生は「選句」について、「句会においてはよい句を選び得たというよろこびを持ちたいと思います」と書かれていますが、これって言えそうでなかなか言えないとは思いませんか?また、私が深見先生と仕事上のおつき合いをした「武蔵野探勝」について、書中で触れておられたのも、たいへん嬉しかったですね。この本はポケットブックなので、吟行などにでかけるときリュックのポケットなどに忍ばせておくといいかも知れません。

  鴉の子折にふれてはククと啼き      大波

|

« 2007年5月30日 (水) | トップページ | 2007年6月 1日 (金) »