« 2007年5月17日 (木) | トップページ | 2007年5月19日 (土) »

府中競馬場界隈

シンボリルドルフとか、ミスターシービーとかいう馬の名前を覚えていらっしゃる方はいますか? 彼らが全盛のころ、私と亡くなった妻はなぜか競馬にトチ狂っておりまして、よく夫婦で府中の競馬場に通いつめたものです。当時の府中は駅からゴミゴミした細い道がつづいていて、そこを抜けて坂道をゆっくり下っていくと、やがて馬頭観世音の立つ競馬場の通りに出ることができ、もうパドックを囲む人々のざわめきが耳に届いてきました。胸がワクワクしましたね。きょう久しぶりにその道を辿ってみたら、あの細い路地や通りはウソのように消えて、大きなショッピングセンターなどが立ち並んでいました。競馬場に着くと先月改築のグランドオープンをしたばかりとあって、見違えるように壮大な施設が聳え立っていました。バクチの場という雰囲気はもはや露ほどもなく、テレビに写る最近の大レースの観客席が、競馬というよりロックコンサートみたいに見えることが、なんとなく納得できました。開催日ではないので競馬場は深閑と静まり返って、とても寂しい場所でした。もうここに来ることもないだろうな、としんみりしてしまいました。

  馬霊塔青葉しぐれの絶え間なく      大波

| | コメント (0)

« 2007年5月17日 (木) | トップページ | 2007年5月19日 (土) »