« 玉木宏DVD | トップページ | 「大」創刊号評判記 »

花祭吟行句会

Img_0145 えーと、吟行に参加したのは、この写真に写っている10人と、カメラのシャッターを切っているお一人の計11人です。まことにうららかな仏生会&虚子忌の本日、府中桜通りの桜並木からは、風が吹くたびにはらはらと花が舞い散り、まことに美しい落花の風景でおじゃりました。みなさま、それぞれ佳句を詠まれ(小生を除く)、席題「花衣」も難なくこなされ、和気藹々の句会でおじゃりました。二、三ご紹介いたしますと、「花衣触れ合ふ桜通りかな F葉」「瓦屋の女房にして花衣 T華」「花まつりいつも遅れるひと遅れ M吉」…春風駘蕩の雰囲気、少しはお分かりいただけたでございましょうか? 句会果てた後、府中駅前の居酒屋にて「大」創刊号出版を祝って、軽く乾杯。佳き一日でおじゃりました。

  提灯の数だけ侘びし落花かな      大波

|

« 玉木宏DVD | トップページ | 「大」創刊号評判記 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

この写真クリックするとK子さんの顔だけ大写しになって、他の人の顔出てこないんですけど(笑)。今度の句会でプリントアウトしてくださいね。

投稿: 猫髭 | 2007年4月13日 (金) 01時23分

クリックして大きくダウンロードされた画像を保存して再生すれば、キチンと見えると遊起さんに教えてもらって成功♪誰かさんの髪の落花まで見える。しかし、猫髭、ほんまにコンピュータの開発者か?書家にパソコンの使い方教わってどうする(笑)。

投稿: 猫髭 | 2007年4月13日 (金) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉木宏DVD | トップページ | 「大」創刊号評判記 »