« 2007年3月 8日 (木) | トップページ | 2007年3月10日 (土) »

裕次郎は誰だ?

このところ忙しくて映画を見に行ってないので、禁断症状が出かかっています。土屋アンナちゃん待ってろよ、「さくらん」必ず観にいくからな。急に何の脈絡もなく、石原裕次郎のことを思い出したのですが、もちろん肥満化して太陽に吠える以前の裕ちゃんのことです。評判悪い都知事の弟ということでもなくさぁ…。裕ちゃん映画のベスト3を選べと言われたら、あなたはどうします?「狂った果実」はもちろんはずせません。この間DVDでこの映画を何度目かに見ましたら、津川雅彦がもぎたての果物のように初々しくて、おったまげましたよ。次は、三国連太郎と壮絶な殴り合いをする「鷲と鷹」。「海の男はいく~」という主題歌が忘れられず、今も時々風呂場で歌っています(笑)。三番目は迷いますねえ。「嵐を呼ぶ男」もいいし、フランキー堺に食われっぱなしの「幕末太陽伝」もおっとりとしていて味があるのですが、あえて「海の野郎ども」にしちゃおうかな。新藤兼人監督の社会派ドラマというのは裕ちゃんとしては異色中の異色。でも、TシャツにGパンのカッコいいこと! あ、私は「陽のあたる坂道」とか、「乳母車」とかの健全路線はダメなんです。

  下田港第八門扉彼岸潮       大波

| | コメント (0)

« 2007年3月 8日 (木) | トップページ | 2007年3月10日 (土) »