« やっぱり凄い小津映画 | トップページ | 俳句の射程 »

アイム・ブロガー

二月になりましたが、私は別に胸がときめいたりいたしません。このブログをお読みの方で、もうすぐチョコレートを貰えるぞっなんて、ときめいている方がおられるのでしょうか? とにかく春よこい、早くこい。府中の大国魂神社に行ったら、節分の豆まきの準備がすっかり整っていました。帰りに府中駅で、「R25」今週号を手に入れました。働き盛りのビジネスマン&ガールズにはオイシイ内容の無料印刷物です。この中に、私のようなブログを書く人=ブロガーをタイプ別に表にしたコラムがあって、情報発信ブロガー、情報探究ブロガー、自己完結ブロガー、熱烈読者ブロガー、などと並べられています。私はどれもあてはまらないなあ。毎日ブログを更新しているのはいわば惰性っちゅうもんで、ロクな情報を発信してもいないし、探究するテーマなんかないし…。強いて言えば「なりゆきブロガー」というタイプでしょうか。いつ挫折するか分からないので、皆様方におかれましても、先行きあまり期待などなされませんように。春よこい、早くこい。

  節分の前や福枡積み上げて     大波

|

« やっぱり凄い小津映画 | トップページ | 俳句の射程 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大波さん今晩は!

大阪から、今帰ってきました。

通勤で、パパチャリに抜かれても平気だが、ママチャリに抜かれると、気分悪くなるのは、どうも、小学校時代のトラウマにあるようだ。

六年生で身長128cmしかなかった、私にとって、小学校時代は、悪夢の連続でした、徒競走では、女の子に負けてビリばかり、ドッチボールでは、一番先に狙われて、ラインの中にいた記憶はありません。本来は、三島由紀夫のように、マッチョを目指すのが筋だと思うが、フランスに行ったのが、運の尽きだったと思う。そこで、吉田さんという人に油絵を習った。

先日、テレビで、上田の”無言館”のドキュメントを見て、戦没画学生の無念さでなく、自分が生きていたという証のために、最後の残された時間を一生懸命絵を描いてた戦没画学生姿を思い、感激しました。

振り返って、自分自身が年一枚の油絵を描くことに汲々としているのを、情けなく思っております。

私も来年個展をすべく、画業に打ち込みたいと思っております。虎が虎の皮を残すように、M吉も生きていた証として、M皮を残したいと思っております。

投稿: M吉 | 2007年2月 2日 (金) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり凄い小津映画 | トップページ | 俳句の射程 »