« 2007年2月20日 (火) | トップページ | 2007年2月23日 (金) »

裏高尾の紅梅

きのうの高尾山の雪の句だけでは、某誌へ送る句数がやや足らないので、きょうは追加措置として、裏高尾に独吟(毒吟ともいう)に行ってまいりました。亡妻とともに何度となく訪れた裏高尾ですが、彼女が亡くなってから初めて足が向いたのですから、本当にひさびさです。現地に着いて、正直驚きました。中空を工事中の圏央道が走り、風景が一変していたのです。山肌を削って、何やら大きな建築物が出来つつあったり、かつてたしか梅林があったはずの場所が空地になっていたり、素朴な梅の郷が大きく変貌しつつあると感じました。う~~む、これも「美しい日本」への変化だというのか。俳人には、俳句を詠む以外何一つ力はないのだということを、あらためて感じざるを得ませんでした。ちなみに、裏高尾の梅は、紅梅が咲き出していますが、白梅はチラホラ咲き。まだ、これからです。

  廃校になる分校のふらここよ     大波

| | コメント (0)

« 2007年2月20日 (火) | トップページ | 2007年2月23日 (金) »