« 2007年2月 9日 (金) | トップページ | 2007年2月11日 (日) »

チラシ配り

むか~~~し、私が某社の労働者だったころ、組合活動の一環として、「市民のみなさんに訴える」といった感じのチラシをターミナル駅前で配ったことがあります。最初はやっぱりちょっと恥ずかしい。でも慣れてくると、道行く人のどんな顔のどんな風体の人がチラシを受け取ってくれるか、だんだんカンで分かるようになってくるから恐ろしい。経験では、美人でよく仕事ができそうな女性と、生きているのがイヤでしょうがないという感じのオジさんは、チラシなんか絶対に受け取ってくれませんでしたね。今の私は後者の感じのジジイだと思うけれど、最近数多いコンタクト・レンズのチラシ配りは、そんな私にさえチラシを押し付けようとしますね。しかも、両手にスーパーの袋を提げていて、チラシなんか受け取れる状態にないっちゅーのに。だいたいこんなジジイが、洒落たコンタクト・レンズをしょうなんて、そんなこと毛筋ほども思うもんかい! ほとんどが学生アルバイトだと思いますが、今のチラシ配りは、道行く人の気持ちさえ読めなくなっているようで、私はちょっと悲しい。

  買物の袋の透けてはうれん草       大波

| | コメント (0)

« 2007年2月 9日 (金) | トップページ | 2007年2月11日 (日) »