« 北斎漫画 | トップページ | 初句会 »

詩と俳句

私は、俳句以前からいわゆる現代詩を書き続けてきましたが、今年第二詩集を作るのを最後として、以後は俳句に専念しようと思っています。これは別に詩を「卒業する」といった意味ではなくて、自分のすべての詩精神を俳句に集束させたいという思いが強くなっているからです。現代詩を読むのは今でも大好きだし、これからも読んでいきたいですね。最近、谷川俊太郎さんの「歌の本」(講談社)という詩集を買いました。これは、実際に曲をつけて歌われるために書かれた谷川さんの歌詞=詩集です。うしろのページの作曲者リストを見ると、武満徹や寺島尚彦、小室等といった人たちは、まあ、谷川詩の常連という感じがしますけれど、かまやつひろしや矢野顕子などという名前も見えて、にんまりしてしまいます。このなかの小沢昭一作曲・歌「ハーモニカブルース」なんかは耳にしたことのある人が多いのじゃないでしょうか。どの詩にも、谷川さん独特の透明感と高いレベルの歌謡性があふれていて、とても楽しく読める詩集です。ああ、詩って、やっぱりいいな。こういうものをたくさん読んで、自分の俳句を豊かにふくらませていきたいというのが、私のもくろみですが、さて、うまくいくかな?

  弾初の終ひて雨のあがりけり     大波

|

« 北斎漫画 | トップページ | 初句会 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斎漫画 | トップページ | 初句会 »