« 懐かしき二番館 | トップページ | 「大」準備号、発送完了 »

「大」準備号完成!!!

ついに、「大」(ひろ)の創刊準備号ができあがり、とりあえず入会の意思表明をされている方から発送をはじめました。経済的、精神的、わっせわっせ的に支援をしていただいている方にも一両日中に届くよう、本日一日中、ペタンコペタンコと切手を貼って、封筒詰めも済ませましたので、みなさん楽しみに待っててくださいね。…と申しましても、出来上がった準備号はわずか12ページ、新聞の折り込み広告より薄くぺなぺなでございまして、何やら不憫な子を見るようでございます。でも、よく言うじゃありませんか。不憫な子ほど可愛いって。…んとに、可愛くて可愛くてしょうがないですよっ! でも表紙の「大」の一字は、リッパだなあ。なにか大股で歩き出した人みたいな「大」で、これは見事にキマったなあとほくそ笑んでいる私です。準備号では、この題字を書いた遊起さんの名を何処にも載せることができませんで、まことに失礼しましたが、次の創刊号からは書家遊起さんの名を必ず載せます! 「大」は、まだ、カンガルーのお腹の袋に入ったままの赤ん坊。春には元気に風の中に飛び出しますから、みなさん、応援よろしくね。

  初刷の大の一字の碧さかな    大波

|

« 懐かしき二番館 | トップページ | 「大」準備号、発送完了 »

俳句」カテゴリの記事