« 2007年1月28日 (日) | トップページ | 2007年1月30日 (火) »

華麗なる疑問

うは、一月はもうすぐ終わってしまいそう。時間の流れの速いこと、めまいがします、マジな話。テレビドラマ「華麗なる一族」、三回目を見ている途中、どうしてもその世界に入っていくことが出来ず、とうとう観るのをやめてしまいました。キムタクさん、あなたのせいですよ。カッコつけ過ぎ、ツッパり過ぎ、笑いのなさ過ぎ、だとは思いませんか? 北大路パパも、目ン玉剥いてるだけだしなあ。やっぱりキムタクは、「GOOD LUCK!」とか、「HERO」とか、「エンジン」みたいに、現代を生きるちょっとトッポいヤツという役どころのほうがずっといいな。「武士の一分」は、チョンマゲ、盲目、庄内訛、誠実朴訥と、その逆の方向からキムタクを攻めていったのが、まんまと成功したんじゃないだろうか。何かの批評で、あの時代にキムタクのヘアみたいにカットした人なんかいなかっただろうと書かれているのを読みましたが、そんなこともあるかも知れません。上海でロケしたという路面電車の走る神戸の町並みも、神戸で暮らしたことのある私には、どうしてもウソっぽく見えるのでした。

  冬灯神戸の海を鏤めて      大波

| | コメント (0)

« 2007年1月28日 (日) | トップページ | 2007年1月30日 (火) »