« 2007年1月20日 (土) | トップページ | 2007年1月22日 (月) »

創刊準備号評判記

「大」の創刊準備号をお送りした方々から、お礼のお手紙が届いたり、昨夜のパーティで直接お話を伺ったりして、さまざまな反響が返ってきているところです。一言で言えば、皆さんの反応は「極上」と言ってよさそう。「清々しい」「暖かい感じがする」「企画が楽しそう」「題字が躍動的でよい」「大(ひろ)という誌名が先へ広がっていく感じでいい」「一句ずつの会員の顔ぶれ紹介がいい」「ちいさな詩の部屋でホッとする」などなど…。お礼のお手紙なんだから、褒めるのは当たり前と言えば、それまでなんですけれどね。最も多い反応は、ちょっとビックリ、裏表紙に使った亡き妻こなみのハガキ絵に対してのものなんです。こなみの絵と俳句が、「船出のお守りのように思えた」というお手紙もあり、そうか、オレはまだ君の支えを必要としているのかもな。これからも、しっかり守ってくれよな、と思いました。

  水仙の門を訪ふ人のあり       大波

| | コメント (0)

« 2007年1月20日 (土) | トップページ | 2007年1月22日 (月) »