« 2007年1月 5日 (金) | トップページ | 2007年1月 7日 (日) »

北斎漫画

年末年始のいわゆる「おせち番組」、どのチャンネルを見ても、同じようなお笑い芸人の体力オンリー頭脳ゼロのバラエティばかりで、つまらねえったらありゃしねえ。日本文化は地に落ちたぜと嘆いていたところ、NHKハイビジョンできのう一日中、日本美術ばかりをテーマにしたスペシャル番組特集をやっていて、あるいはこれは再放送ものばかりなのかも知れないけれど、なんだかようやく面白い番組にぶちあたったぜ、と満足感。特に私の興味を引いたのが、葛飾北斎のスケッチ集「北斎漫画」を材料に、漫画家のしりあがり寿と吉田戦車がその自由な遊びごころを体験してみるというコーナー(司会はいとうせいこう)でした。実際に漫画家二人が、北斎を真似て筆であれこれと描いてみるのだが、やってみればみるほど北斎の何ものにも捉われぬ剛直さと天才が浮き彫りにされてくるという構成がオシャレで、目からポロリとウロコものでした。しりあがり寿って、茶髪だけれど実にマジメそうな好青年で、吉田戦車って、自分で描くカワウソそっくりの目がクリクリしたかわゆい男でした。この二人のファンでよかった。NHKさん、今度、安野モヨコや二ノ宮知子、矢沢あいら女性漫画家もテレビに登場させてくださいな。

  一筆の舟に帆を立て初硯      大波

| | コメント (0)

« 2007年1月 5日 (金) | トップページ | 2007年1月 7日 (日) »