« 2006年12月29日 (金) | トップページ | 2006年12月31日 (日) »

年の市狂騒曲

ようやく年賀状を書き終えて(と言っても、ほとんどをパソコンにやらせているのですが…)、家中の窓ガラスを磨き終え、きのうの残りの豚肉で焼きそばを作ってお昼を済ませ、炬燵ですこしお昼寝してから、スーパーに買出しにでかけました。たまげましたね。イトーヨーカ堂は凄まじい混雑。年末年始休暇のおとうさんがたや、冬休みのこどもたちで店内の人口密度は倍増です。なかでもジャージ姿のおとうさんたちは、それぞれ「わたしは本来こんなところに存在する人間ではないのだ」的な仏頂面で通路の障害物化しており、まことに腹立たしい。次にイライラさせるのは高校生ぐらいの若い男女で、わざわざスーパーで買わなくてもいいのに、飲料物などわずかなものを手にして買物客の長蛇の列に加わり(しかも、私の直前に!)、大声でおしゃべりなどしておるのです。子どもたちは狭い売り場でスキップし、中には咽喉チンコの奥まで見せて泣き喚く奴らもおり、母親たちはこの子らをヒステリックに叱り飛ばしたりしています。ああ、ああ、年末のスーパーは、この世の地獄だ。生鮮食料品は、みんな高くなっている気がするぞ。早く来い来いお正月、ってほんとですね。

  数の子のかがやき並ぶ年の市      大波

| | コメント (4)

« 2006年12月29日 (金) | トップページ | 2006年12月31日 (日) »