« 2006年12月25日 (月) | トップページ | 2006年12月27日 (水) »

のだめカンタービレ

年も押し詰まってくると、皆さん忙しくてブログを読みに来る時間もなくなってくるのでしょうか、アクセス数もじりじり低下傾向。コメントする人もめっきり少なくなってきましたね。なんだか、ガラ空きの大劇場で、誰もいない客席に向かってひとり話しかけているような、さみしーい気分です(トホホ)。それはさておき、テレビドラマ「のだめカンタービレ」が最終回を迎えましたね。なんだかんだとイチャモンをつけながらも、私は結構このドラマを愛していたようです。クラシック音楽を題材にしたコメディという珍しい分野のドラマでしたが、ヒロインのだめ(野田惠)を演じる上野樹里が、本来のコメディエンヌ資質を全開の熱演だったのは当たり前として、若き指揮者千秋真一を演じる玉木宏が、予想外の好演。彼の指揮ぶりをはじめ、演奏場面がどれも自然で納得できるものでした。ブラ1(ブラームス交響曲第1番)ベト7(ベートーヴェン交響曲第7番)と、好きな楽曲がいっぱい出てくるのでごキゲンになってしまったものです。原作漫画はいま海外編の真っ最中ですが、結構人気のあったこのドラマも、いつかパート2の海外編をつくるのかしら?さあて、残るドラマは「役者魂」の最終回だけになってしまったぜ。

  念校を済ませて仕事納めかな     大波

| | コメント (2)

« 2006年12月25日 (月) | トップページ | 2006年12月27日 (水) »