« 2006年12月24日 (日) | トップページ | 2006年12月26日 (火) »

メリー・クリスマス

クリスマス・イブのスーパーマーケット。まず、入口のところに例の紙の靴をはいたローストチキンが山のように積まれ、ふだん売り場では見かけないスーツにエプロン姿(映画「県庁の星」の織田裕二を想像してください)のおにいさんが、声を嗄らして呼び込みをやっています。野菜果物売り場では、ウソくさいフルーツ盛り合わせがずらりと並び、こんなものが売れ残ったらどないするんやろ? と人を不安にさせます。魚売り場では相変わらず、マグロの刺身の大安売りだ。いったいキミらはマグロの漁獲制限問題をどう考えておるのかね? 隣の肉売り場では、またもや何箇所かでローストチキン大特売。こちらではなぜかハーブ系の味付けチキンがハバを利かせているのです。そして酒売り場では、どうしたことかワインの各種がずらずらずらと並んで、太ったおばさんが試飲をすすめています。店の中は凄まじくごったがえしているのに、かあちゃんのお供できたとうちゃんが、暇そうにぶらぶら通路を遊泳して、こちとらマジメな買物人の通行を邪魔します。どけっ、ボケおやじども!こちとらは大忙しなんじゃ。イライラしながら私は、自分へのクリスマスプレゼントとして、三階の寝具売り場で、じじくさい膝掛け毛布(1900円)を買ったのでした。

  膝掛けの毛布のぬくき聖夜かな     大波

| | コメント (0)

« 2006年12月24日 (日) | トップページ | 2006年12月26日 (火) »