« 2006年12月23日 (土) | トップページ | 2006年12月25日 (月) »

数え日

おや、もう、Xマスイブではありませんか。倅が、勤め先のファミ・レスから、お安いケーキを買ってきました。明日の夜は、倅とこのケーキを食べ、イトーヨーカ堂でローストチキンを買い、クリームシチューでも作って、ささやかにジーザス・クライストの降誕を祝うといたしましょう。きょうの天皇誕生日、なぜか亡妻の眠るお寺の墓地管理料を支払う日になっていまして、昼過ぎから出かけました。びっくりしました。先月まで、妻の墓の隣は空き地になっていたのですが、きょう墓参りに行ったら、そこにどーんと立派なお墓が建っているではありませんか。最近多摩ニュータウンは再びマンション・ブームになっているのですが、景気回復に伴って、お墓のほうもブームなのか? それはさておき、俳句では今頃の時期を「数え日」と言うらしいのですが、うまい言い方ですねえ。年も押し詰まってきて、仕事の締め切りなども重なり、追い詰められながら、ああまだ年賀状に手も付けていない、大掃除もしなけりゃ、あれもやらなくちゃ、これも早く片付けなくちゃ、と焦りまくりながら、今年もあと何日と頭の中でカレンダーをめくっているのです。こういう感じを「数え日」と言うんでしょうね。なんだか、毎年こんなことを繰り返して、トシだけドンドンとっているようです。平和で穏やかな年の瀬を迎えられるのは、いつの日ぞ。助けてくれ、倅よ。

  数へ日の墓守代を払ひけり      大波

| | コメント (0)

« 2006年12月23日 (土) | トップページ | 2006年12月25日 (月) »