« 2006年12月22日 (金) | トップページ | 2006年12月24日 (日) »

アイドル俳優たち

「ミュージック・ステーション」の年末スペシャル版のような生中継番組を、ほんの少しだけ観ました。アイドルたちが登場するたびに、「キャーッ」と黄色い悲鳴。不気味なタモリの微笑み。ほとんど私の知らないヒット曲の連鎖。おじいさんには耐えられない長時間番組でしたね。人気グループ「嵐」の歌も、まったく聴いたことがありませんでした。でもメンバーのうち3人は確実に知っている。筆頭は「硫黄島」の西郷こと二宮和也、ついで「木皿津キャッツアイ」のバンビこと桜井翔、それから「花より男子」の道明寺(だっけ?)こと松本潤。でも彼らが歌い踊る姿は、私には違和感以外の何ものももたらしませんでした。悪いことは言わない。君らは歌うのはやめて、演技に専念したほうが、なんぼかいいと思うよ。そうそう、木村拓哉くん、草なぎ剛くんも、歌はキッパリやめときなさい(中居くんはどっちでもええけど…)。「世界でひとつの花」とか「ありがとう」とかは、確かにいい曲だと思うけれど、別に君らが歌わなくてもいいんじゃない? それから女性アイドルのほうでは、中島美嘉さんは「NANA2」の後は、歌に専念してくださいね。私は、あなたの歌う「アメージング・グレイス」にシビれて、女優なんかさせておくのはつくづく勿体ないと思いました。ちなみに、私は「NANA2」は観ないでしょう。宮崎あおいのいないNANAなんか、ぜ~んぜ~ん観たくないもの。

  終ひ湯を落して柚子を拾ひけり     大波

| | コメント (1)

« 2006年12月22日 (金) | トップページ | 2006年12月24日 (日) »