« | トップページ | 岸谷梅安まあ、いいか »

驚きのアクセス解析

実は、ブログをしている人は、自分のブログについて、時間単位でアクセス数が分かる「アクセス解析」というものを見ることができるのです。十一月に入って、このアクセス解析の表示スタイルがガラリと変わったのですが、それと同時にアクセスの計算方法も変わったのかも知れません。な、な、な、なんと! いつの間にか、アクセス数が10316。つまり、一万を超えてしまっているのですよお~~~!!! どうして? どうして? まだ一月ほど先だと思っていたのに。心具さん、驚かせるんじゃないよっ。おったまげてしまって、真夜中にすっかり目が覚めてしまいました。実はきょう(といっても、もう昨日か)の昼、国立の谷保天神から城山公園に抜ける道で、生後4ヶ月のかわいいチワワ(名前はイチゴだって。土屋アンナみたいじゃないかよっ)に出会い、そのおもちゃみたいな犬とちょっと遊んであげたのですが、あの無償の行為を神が愛でたもうたのかも知れません。でも、今は神無月。神様はお留守のはずだよね。はて?

  病葉の沈める水や神の留守      大波

|

« | トップページ | 岸谷梅安まあ、いいか »

コメント

こんにちわ。お久しぶりです。

以前このブログで紹介されていた『寺山修司の俳句入門』を読みました。当時の俳句の余熱が伝わってきました。(いまの俳句ブームとはちがい、文学意識の高さが感じられました)
 
最後に自己紹介おくれましたが私は25歳@男@俳句歴4年です。

『寺山修司の俳句入門』に書かれていたような俳句を語る熱い若者は私の身近にいません^^;;(←俳句ブームとはいえ実際はこんなもんです)

追伸 俳句同人誌の『ににん 2006 秋号 vol.24』の21ページに「龍吉と大波連れ立つ稲光 岩淵喜代子」という句が載ってましたが(たぶん『草蔵』の関係の行事か何かで詠まれたのかなと推察しました)

投稿: 海音 | 2006年11月 4日 (土) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 岸谷梅安まあ、いいか »