« 2006年11月25日 (土) | トップページ | 2006年11月27日 (月) »

渋谷ハート・ストリート

きょうは一日自宅にひきこもって、単行本のゲラに朱を入れる作業に没頭しておりました。したがって、これは昨日の話なのですが、そのゲラを受け取りに渋谷に行った帰り、いつもどおりパルコ地下のブックセンターとタワーレコードに寄ったあと、渋谷駅を目指してブラブラ歩いていく途中、ちょうど西武デパート前に差し掛かった所で、不意になにかを感じて空を見上げたのです。ご存知の方も多いと思いますが、渋谷の繁華街では、いつも街灯に西洋風の幟のようなものを掲げて、フィルム・フェスティバルとかのイベントをPRしているのですが、きのうも見上げた空にその幟の一枚がありました。そこにはヤクルトスワローズの古田監督兼捕手のユーモラスな似顔絵が描かれ、なんと作者としてS野K太とうちの息子の名前がでかでかと書かれているではありませんか! いやあ、たまげましたねえ! そう言えば、なんか倅がそんなことを言っていたのを思い出しました。その幟には「渋谷ハートストリート」と書かれており、どうやら障害者のカルチャースクールで描かれた絵を一枚一枚幟にして、駅前の街灯の列に展示しているということのようでした。なんか、とても嬉しかったなあ。ひさびさに渋谷が素敵な街に見えたりしたのでした。

山猫軒さん、私も「愛しのチロ」持ってます。それからアラーキーの愛妻陽子さんの追悼写真集「センチメンタルな旅 冬の旅」も。

  冬紅葉散るにまかせて坂の町      大波

  

| | コメント (2)

« 2006年11月25日 (土) | トップページ | 2006年11月27日 (月) »