« 2006年11月21日 (火) | トップページ | 2006年11月23日 (木) »

春の雪、は季節外れ?

CSテレビに「日本映画専門チャンネル」というのがありまして、ときどきATG系統の掘り出し物映画を上映するのです。家事労働にいそしみながら横目でチラチラ見ていますと、三島由紀夫映画「春の雪」なんぞをやっていたと思し召せ。いやあ、妖怪のような大楠道代の侍女蓼科は、何度観てもやっぱりおっかねえな、などと思っているうちに映画は終わり、主役の松枝清顕を演じたブッキーこと妻夫木聡のインタビュー、撮影裏話がはじまったのですが、驚きましたね。ブッキーと竹内結子の有名なラブシーン、実に濃厚なキスシーンなのですが、行定勲監督が凄まじい凝り性なので、まる一日二人はキスのしっ放しだったんですって。「唇が腫れちゃいましたよ。僕は男だからいいけれど、結子ちゃんは可哀想だったな」とブッキーは言うのですが、これを役者は辛いと受け取るべきか、羨ましいと思うのは下司なのか、しばし判断に迷った私なのでありました。ジャン、ジャン。

  思羽を触れあひつつも沼の中     大波

| | コメント (0)

« 2006年11月21日 (火) | トップページ | 2006年11月23日 (木) »