« 2006年11月 8日 (水) | トップページ | 2006年11月10日 (金) »

小型飛行機の旅

きのうの話のつづきですが、実は私、小型飛行機はあまり怖くありません。現役の取材記者時代に何度か乗ったヘリコプター(ベル型というのですが)、あのほうがよほど怖かった。ベルト一本で身を支え、開けっ放しのドアから身を乗り出してカメラを回したりリポートしたりするのですが、電線すれすれのところまで降りることもあって、ゾゾッとした経験も幾たびか。ヘリコプターの墜落炎上現場を取材したこともありますしね。あれに比べると、小型機は遊覧飛行気分と言ってもいいですよ。飛行場での体重申告の件ですが、あれは体重オーバーの人の搭乗を拒否するためではなくて、人の重みで飛行機が傾いたりしないよう、バランスよく乗客を座席に配置するためのようです。調布~大島間は9人乗りのアイランダー機で、往復運賃1万6000円。12月半ばからは、今新島や神津島の便に使われている19人乗りのドイツ製ドルニエ機が就航するということで、飛行時間も今の30分から20分に短縮されます。お金を貯めて、飛行機で大島に椿娘に会いに行って、アシタバ料理でも食べようかい(笑)。

  初冬の空の蒼さに墜ちゆけり     大波

| | コメント (0)

« 2006年11月 8日 (水) | トップページ | 2006年11月10日 (金) »