« 2006年10月11日 (水) | トップページ | 2006年10月14日 (土) »

二人のあおい

あしたから奈良へ俳句修業の旅に出ますので、二日ほど日記はお休みします。ごめんなさいね。

蒼井優ちゃんのネタを書いたら、なんだか反響がいい感じ。私は朝ドラ「純情きらり」が終わったばかりの宮崎あおいと、この蒼井優の二人のあおいを、実は、ずーっと前から、ひそかに、す、す、好きだったのです(顔から火)。宮崎あおいは演技に執念が感じられ、特にナレーションのうまさは抜群だと思います。「いぬのえいが」という映画、それから例の大当たり映画「NANA」は、どちらも宮崎あおいの情感あふれるナレーションで支えられていたと考える次第でござりまする。一方蒼井優は、沖縄(ニライカナイ)でも、福島(フラガール)でも、原宿(T&D)でも、日本国内のどの地域にもなじんでしまい、「ハチミツとクローバー」の天才画家少女はぐみのように、妖精のような透明感が、す、す、す、好きです! 実は、もう一人、好きな「あおい」ちゃんがいるのですが、その人のことは内緒(笑)。

  水澄みて澄むほど水皺ふえにけり     大波

  

| | コメント (1)

« 2006年10月11日 (水) | トップページ | 2006年10月14日 (土) »