« 2006年10月 8日 (日) | トップページ | 2006年10月10日 (火) »

句会の復活

猫髭さん、ほたるさん、コメントを有難うございました。ちょっと硬い言い方になってしまうかも知れませんが、私が今お世話係を務めている「ノマド(遊牧)吟行句会」は、あくまで句歌詩帖「草蔵」という団体の句会の一つで、「超結社」を謳っていることから、私としては句作そのものよりも人的な交流にウエイトをかけたゆるやかな運営を進めてきました。私が今後新しく句会や俳誌を立ち上げるときは、いったんそれらすべてをご破算にして、改めて俳句の創作活動というものを中心に据えた基本に立ち返りたいと考えています。まだ具体的なことは何一つ決まっていないのですが、句会に限って言うならば、月に2~3回は吟行を含めた定例会を開きたいと思っています。句会の進行役は指導者ではなく、完全な互選方式で運営をできないものかなどとあれこれ検討中です。よい知恵があったら、お教えください。

きのう今日と、素晴らしい秋晴で、月が美しいですね。

  月の座を一期一会の句座として      大波

| | コメント (1)

« 2006年10月 8日 (日) | トップページ | 2006年10月10日 (火) »