« 2006年10月 3日 (火) | トップページ | 2006年10月 6日 (金) »

かもめ食堂のおにぎり

映画「かもめ食堂」は、まことにふしぎな作品で、たいした目算もなくフィンランドの町に開店した小林聡美の食堂に、片桐はいりが加わり、もたいまさこが加わり、最初は無銭飲食の青年一人だった客がポツポツ増えていって、やがては客が店いっぱいになるというだけの淡々とした物語です。それが、なんだか、とても惹きつけられてしまうんですねえ。日本に比べると圧倒的に人通りの少ない静かな美しい町並み。小林聡美が握るふっくら美味しそうなおにぎり。それだけで、彼女たちがなぜフィンランドくんだりまでやってきたのか、日本ではいったい何があったのか、フィンランドではどんなところに寝泊りしているのか、そんな説明はいっさい要らないという気持ちになってしまうから不思議です。この映画の監督萩上直子さんは「俳句甲子園~恋は五七五」を作った人ですが、「かもめ食堂」は映画全体が、まるで俳句のよう。おすすめです。

  夜食とる遠き団地の窓あかり      大波

| | コメント (0)

« 2006年10月 3日 (火) | トップページ | 2006年10月 6日 (金) »