« 陽水はお好き? | トップページ | 演技者としての泉谷くん »

われも海の子

昨日早立ちで房総で仕事をして帰ってきたら、トシなんでしょうねえ、どっと疲れが出てそのままソファにベッドイン、さっきまで爆睡していた大波です。台風12号が北上中の外房の海は凄かったですよ。海全体がゴーーーーッと鳴って、ハンパじゃない高さで波が立ち上がってはドドンと砕け散る。これだよこれだよ、大波ってのは! わたしゃ、すっかり、コーフンしてしまいした。例によって、子どもたちと俳句をつくるお勉強ドキュメンタリーのお仕事。5年生の男の子8人と女の子1人ですが、みんな海の子らしく日焼けして、瞳が澄んでいて、かわいいったらありゃしません。この子たちに初めて俳句を教えたのは、10ヶ月ほど前なのですが、しばらくぶりに彼らの作品を読んだら、実に堂々たるものに仕上がっていました。嬉しかったなあ。おまけに、たった一人の女の子リホちゃんから、お手紙を出したいからと言って、住所を聞かれたりして、相変わらず低年齢の女性にモテる大波さんなのでありました。

  沖合に一船もなし葉月潮      大波

追伸 猫髭さん、山猫軒さん、怒涛のコメントをありがとう。フォーライフの四人に対しては、私、それぞれにちょっとずつ異議を唱えたいと思うのです。泉谷くんはいいと思うけれど、本人は褒められるとテレちゃって大暴れするから、褒めないでおこう。M吉くん、髪の毛の話は、おたがいほどほどにしておこうぜ(笑)。

|

« 陽水はお好き? | トップページ | 演技者としての泉谷くん »

コメント

大波さん今晩は!

私も福岡まで、日帰り出張に出かけて、先刻帰ってまいりました。

来年度の春夏物の靴サンプルを持って、お得意廻りです。

福岡からの東京への最終フライトに乗り、機中から、仲秋の名月を見ることが、出来ました。

博多は無月だったので、"こんなよい月を一人で見て寝る”の放哉の気分で、ひとり、ほくそえんでおりました。東京も無月で、本当に得したという感じでした。

東京や主翼の上のけふの月 M吉

投稿: M吉 | 2006年9月 7日 (木) 01時00分

大波さんお早うございます。
昨夜はK枯先生の句会に出て、一平さんうさぎさんと一緒でした。
例のごとく酔っ払って、一平さんに3回握手したまで覚えておりますが、(最近年のせいか、すぐ握手してしまう。)その後、豊洲駅まで、記憶欠落、多分、市ヶ谷で有楽町線に乗ったらしい。
空を見ってショック、きのうが十五夜だったのですねえ!前の夜に一万メートルから月を見ていたので、欠けているのが判らなかったようです。

草の戸にどんと十五夜迫り来る M吉

投稿: M吉 | 2006年9月 8日 (金) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽水はお好き? | トップページ | 演技者としての泉谷くん »