« 幸福写真 | トップページ | ファジル・サイのピアノ »

国際的???

山猫拳(ちがった、軒ですね)さん、私、一度だけ大野一雄の踊りを見たことがありますが、あの人はスゴい! 踊る前は、くたっと、しなびた痩せ大根のように(何しろ白塗りの厚化粧ですから)椅子に座っているのですが、音楽(このときは筑前琵琶だったと記憶していますが…)が鳴りはじめると、化鳥がはばたくように舞台を荒れ狂い、しかも色っぽかったりする。私は踊り終わるまで舞台に魂を吸い込まれてしまい、呼吸するのも忘れてしまったので、危うく窒息死するところでした。

話が違いますが、きょう、GFの一人で学童保育所の先生をしているAIちゃんから、ひさびさに絵葉書がとどきました。遅い夏休みを取って、南インド旅行をした帰りのマレーシア航空機内で、ふと国際版朝日新聞を手にして、私の句が載っている「折々のうた」を見つけたんですって!! 国際版ですよ、国際版(と、鼻息荒くコーフン状態)。おおお、私の一句は、日本国内にとどまらず、地球の空を回っているんだ。エキセレント!(って、このへんで、もう、折々ネタはやめときましょうね。失礼しますた)

  深秋の渋谷を吾は異邦人     大波

  

  

|

« 幸福写真 | トップページ | ファジル・サイのピアノ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

山猫ケーンケンケン@雉も鳴かずば、です。(いったい・・・)。おーのさんの舞踏の実物見てるとはさすがです。さぞ圧倒されるでしょう。テレビで初めて見た時だって目が離せず、これ誰?状態でした。ダニエル・シュミットの映画にも出ていて、爛熟、って素晴らしいと思ったです。

投稿: 山猫県 | 2006年9月30日 (土) 22時29分

私はいちどだけ、田中泯のソロ「たちどまる・と黒い山」を見ました。窒息死はしませんでしたが、すごい緊張感のもと、一連の動きは身体的な障害に似た、不随意筋的な動きでした。なんというか、筋肉が色っぽかったです。

投稿: のぶこ | 2006年9月30日 (土) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸福写真 | トップページ | ファジル・サイのピアノ »