« 2006年9月15日 (金) | トップページ | 2006年9月17日 (日) »

俳句の作り方、う~~~む

Nonちゃん、わたくし、結構マジに考え込んだのですが、FM放送にゲスト出演して、俳句の作り方を伝授するなんて、やっぱしムリという結論が出ちゃいました。だって、わたくし、十年たとうが二十年たとうが、いまだに「俳句の作り方」が分からないんだもん(笑)。わたくしが、なんとか一句をモノに出来たときというのは、たいてい、自然のなかに身をおいてただボーーーッとしているうちに、頭のなかのどこかからブツブツブツとアブクのように言葉が湧いてきて、それがモヤモヤとからみあったり、つながったり離れたりして、何となく次第に五七五に整えられていく。それだけなんですよ。とても「作った」と呼べるようなものではありませんから、「作り方」なんて教えられる筈がない、というワケです。まあ、わたくしの魅力的な声を、多摩プラザ界隈のみなさん(女性に限る!)にお聞かせするのは、ヤブサカではありませんが…。

遊起さん、「俳句研究」のあの写真を見たんですね。しみじみ見直してみると、だらしなく笑い崩れていて、シマらない写真だなあ、と思います。隣のページの女性俳人はキリッと口元を引き締めて、いかにも真面目そう。彼女に聞けば、「俳句の作り方」を教えてくれるでしょうか。

  調弦の音静まりて秋の雨     大波

| | コメント (1)

« 2006年9月15日 (金) | トップページ | 2006年9月17日 (日) »