« 2006年9月 7日 (木) | トップページ | 2006年9月 9日 (土) »

坪内捻転せんせい

拙句集「一羽」のなかの一句、<掛稲の葉のあをあをと垂れゐたり>について、「船団」のホームページに鑑賞が載っていました。「船団」は、知る人ぞ知る坪内稔典先生が代表をつとめる俳句グループで、白状しますが、なんか、とっても、嬉しかった、です。坪内先生は以前仕事の関係で、一二度お会いしたことがありますが、「ええっ、この方が、あの甘納豆や河馬の俳句の坪内先生?」と驚くほど真摯な立ち居振る舞いの、すんごく感じのいい先生でした。私はおねだりして、先生の句集「ぽぽのあたり」に、超有名句<たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ>の句とお名前のサインを貰っちゃったんですよ。私が俳人にサインをおねだりなんかしたのは、ほかに岡本眸先生と宇多喜代子先生がいるだけです。Wordの変換では「ねんてん」は捻転としかならないのですが、本当はまっすぐ生真面目で、捻転も捻挫もしていない稔典先生。いつまでもお元気で。

  塩辛の交みてふはと揚りけり     大波

  

| | コメント (0)

« 2006年9月 7日 (木) | トップページ | 2006年9月 9日 (土) »