« 2006年9月 1日 (金) | トップページ | 2006年9月 3日 (日) »

石原裕次郎リサイタル

徒然なるままに、先に古レコード屋さんで買い求めておいたLP「石原裕次郎リサイタル」実況盤二枚組を聴きました。これが大当たり! 鳥肌の立つほど素晴らしいレコードでした。裕ちゃんは32歳、映画のほうは盛りが過ぎていましたが、歌のほうは「夜霧よ今夜も有難う」「二人の世界」などのヒットを飛ばしていた絶頂期。甘く低く、男っぽい歌声に酔いしれてしまうライブ盤です。歌の合間のおしゃべりごとに、女性ファンの悲鳴が生々しい。当時の黄金のコンビと謳われた浅丘ルリ子とのデュエットあり、司会の故ドン・ガバチョ藤村有弘のおしゃべりありの大サービス。特に持ち歌以外の「500マイル」とか「愛は限りなく」「ハワイアン・ウエディング・ソング」といったスタンダードが圧倒的に素晴らしく、裕ちゃんて何と歌のうまい役者だったろうと堪能してしまいました。ちなみに、私の裕ちゃんの歌ベスト3は「狂った果実」「赤いハンカチ」「粋な別れ」なんですが、あなたはいかが?

  夜の霧に隠すものとてなかりけり     大波

| | コメント (1)

« 2006年9月 1日 (金) | トップページ | 2006年9月 3日 (日) »