« ダーティな老いぼれ | トップページ | 楽しいドーナツ盤めぐり »

傷だらけの俳人

私が催しているというか、お世話係をしているというか、そういう吟行句会が毎月第二土曜日に開かれています。さあさあ、超結社だよ、来たい人はどんどん寄ってらっしゃい的なコピーが効いているのか、毎回結構な人数の方々にご参加いただいております。今回も計16名が集結。比較的男性の数が多いのが特徴で、お馴染みフーガ野M吉とか、N髭大先生とか、Aネモネとか、怪しげなメンバーがぞろりと揃っておりまする。まあまあ、ごくマジに句会を運営しているつもりですが、なぜか句会の間中笑いが絶えないのは、この男性陣がみんなオモシロイ、発言がヘン、議論がぶっ飛んでいるからだと私は思っていますが、いかがなものでしょうか? 明るく楽しい吟行句会ですが、ただ一つ大きな欠点があります。それは、私の句に点を入れる人が極めて少ないことですっ(笑)。私はこの吟行句会で、あの忌まわしい「無選」さえ経験しているのでありますっ(爆笑)。だから、句会が終わったあと、私はいつもボロボロに傷つき、首うなだれて家路につくのです。嗚呼、哀愁の俳人の背に残暑の日差しがいたい、いたい、いたいよぉ~(失笑)。

  秋暑くホ句に汗することのあり    大波

|

« ダーティな老いぼれ | トップページ | 楽しいドーナツ盤めぐり »

俳句」カテゴリの記事

コメント

私のブログ『主婦エンジェル ブルーのニコニコ日記(現 ViVa!!あの日渚で)』
見てくれて有り難うございます。
秋吉久美子さん好きなんですか?私も好きだよ。赤ちょうちんもいいけど、私はバージンブルースが好きだな。

投稿: エンジェル ブルー | 2006年8月13日 (日) 01時35分

大波さんお世話になっております。M吉です
朝の私と夜の私の乖離に、自分ながら恥かしく思っております。とりあえず一杯の麦酒から悲劇は始まるようです。昨日も朝6時に起き、9時に谷保天神行き、田んぼで稲の花を見て、城山公園に行き、(狐の剃刀が満開でした)古民家に行き、ノマド吟行の集合場所矢川駅に行きました。
狐の剃刀のむかう蝶乱舞 M吉
句会が終わって、天気さん雨男さんと双子の
兄弟の家に行って歌仙なるものを巻きました。天気さんだったか雨男さんだったか忘れましたが、初回参加の私の付け句、2句取って頂きました。
高く巻きたるトイレットペーパー
境野大波の帽子つぶれて
一羽の言葉を入れて、歌仙は続いていったようです。猫髭氏特製のハーフアンドハーフ(ギネスと恵比寿ビールを半々に入れたもの)とりあえず一杯の麦酒の後のM吉の結末はあきらかで、ワイン日本酒を飲んだ後のことは覚えておりません。多分ノマド井の頭公園吟行のように、中央線鈍行を各駅ごとに目を覚まし、降りようとする私と私を引き止める猫髭さんがいたことは確かです。(その時は、他の乗客は、ホモと間違えて誰も近く座らなかったそうです。)無事東京駅で乗り換え、越中島に到着。猫髭さん有難うございました。
とりあえず一杯の麦酒の誘惑に負けず、ホ句
力を入れて生きたいと思っておりますので、
大波さんご指導願います。
とりあえず一杯の麦酒に負けずホ句かな 
M吉

投稿: M吉 | 2006年8月13日 (日) 11時35分

ノマド吟行、ありがとうございました。矢川、実に美しかったです。住宅地を流れているのに、まるで桃源郷を行くように思えて、不覚にも涙がでそうになりました。大波さん、感謝です。いつもお歩きになっているなんて、いいなあ。
この日は、贅沢な付録がついていて、歌仙に参加させていただきました。雨男さんはじめ、皆さま、ありがとうございました。

投稿: のぶこ | 2006年8月13日 (日) 21時55分

大波さん、矢川緑地素晴らしかったです。『一羽』のホームグランドでしたね。しかも大波大大大先生の解説付!得したわあ♪案内しながら回ると自分の句を詠む時間がないんですよね。おかげでわたくしは、大波さんの御案内で大いなる柳の話に感銘を受け、詠んだ句が龍吉さんの特選を得ました。ありがとうございました。

 夕立や名のある柳とお見受けす 猫髭

M吉どんはちゃんとわたくしと今回はホモ扱いされずに無事帰りました(笑)。

投稿: 猫髭 | 2006年8月14日 (月) 01時34分

こんばんは。いつも楽しく読ませていただいています。
また、ノマドではいつもお世話になっています。

M吉さんが軽妙にも大波さんの御名前を詠みこまれました歌仙「梅月夜の巻」の在り処は、こちら↓です。
http://tenki00.exblog.jp/3566409/

投稿: あめを | 2006年8月16日 (水) 23時54分

大波さん残暑お見舞い申し上げます。

猫髭さんあめをさん心こもるフォロー有難うございます。

所謂自分自身の心の問題として、酔っ払いの
李白を神と思っていて、”M吉酒一升駄句三千””とり合えず麦酒一杯”がモットー”の私としては、歌仙は快い経験でした。あめをさん又機会があれば、教えてください。

皆さんに心配を掛けるかも知れませんが、8月13日以降酒を飲んでおりません。何故なら、9月上旬にグループ展があって油絵を一枚完成させなければならないからです。セザンヌの模写をやっていて、ゴッホに似てきてしまう自分を情けなく思っております。

早く絵を完成させて、とりあえず一杯の麦酒
を飲んで、猫髭さんと、短冊回し”無選の帝王の座”を争いたいと思っております。
月白や短冊回し粛々と  M吉

投稿: M吉 | 2006年8月17日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダーティな老いぼれ | トップページ | 楽しいドーナツ盤めぐり »