« 2006年8月27日 (日) | トップページ | 2006年8月29日 (火) »

現代の謎タモリ

定年退職後家にいる時間が長くなり、昼のテレビ番組を観る機会が増えたのですが、そこで私の頭に渦巻くのは「笑っていいとも」のタモリって、いったい何だろうということです。番組自体かつての熱気を失って、アイドルやお笑いタレントによるバラエティを惰性のようにだらだら続けている、としか私の目には映らないのですが、まず第一に番組の要となるはずのタモリが全く面白くないではありませんか。特に旬の人気者のインタビュー・コーナーである「テレビ・ショッキング」の面白くなさは極限に達していると私は断定します。そのタモリも、昔は面白い時代がありました。四ヶ国語麻雀とか、寺山修司など文化人の形態模写とか、毒というか批評性というか、セミプロっぽい独特の芸を持っていたという記憶がありますが、あんな感性はすべて使い果たしてしまったのでしょうか。すっかり薄味になり、楽屋落ちにばかり頼るようになった話芸。そう考えると、今の若手芸人たちに共通するなんだか普通っぽい面白くなさは、発祥の源がタモリであるような気がするのですが、これって、みんな私の年寄りじみた偏見?

  くつろげる眉して秋のサングラス     大波

| | コメント (0)

« 2006年8月27日 (日) | トップページ | 2006年8月29日 (火) »