« 2006年8月 4日 (金) | トップページ | 2006年8月 6日 (日) »

「妹」女優も好き!

不良少女、ならびに悪女とともに私が好きなのは、映画でヒーローやヒロインの妹役を演じ、それがとても魅力的な女優さんです。そうそう、寅さんの妹さくら役の倍賞千恵子なんか、そうですね。さくらはとてもいい妹でしたが、むかし「あにいもうと」という映画があり、水商売で身持ちの悪そうな妹京マチ子を、肉体労働者の兄森雅之がヤキモキしながら見ている構図が深く心に残ったものだから、私にとって「妹」女優がとても気になる存在になったのです。南こうせつのヒットソングを映画化した「妹」の秋吉久美子も、実に困ったかわゆい妹でしたね。外国モノになりますが、「ピクニック」で美人の姉キム・ノヴァクに深いコンプレックスを抱いているメガネの妹スーザン・ストラスバーグが大好きだったなあ。最近の最高の妹役は「嫌われ松子の一生」の市川実日子です。病身なのに、困った姉の松子をひたすら思いやり、愛する妹を実に切なく演じ、私は彼女の儚げな笑顔を見るだけで涙が出てきました。女性の方には、こんなお兄さんがほしいというような役者さんがいるのかな?

  妹のはしやぐばかりの浴衣かな     大波

| | コメント (0)

« 2006年8月 4日 (金) | トップページ | 2006年8月 6日 (日) »