« 奥多摩の青鬼灯 | トップページ | お花畑のはなし »

句集のご利益

あれあれ、パソコン苦手とおっしゃっていた八雪さんまで、こちらにいらっしゃったのは、まことにメデタイ限りでござりまする。八雪さん、いらっしゃいませえ(^_^)/~ 茶飲み話には持って来いのブログですから、これからもよろしくっ。

句集を出したことで、実に十年以上音信のなかった人から電話がきたり、手紙をいただいたり。中には「いつまでも嘆きをひきずってるんじゃないよっ!」というキビシイ電話もあったのですが、それもこれも私めに対する心配、友情からの言葉でありまして、ひたすら胸が熱くなったのであります。だいじょうぶ、だいじょうぶ。石田さんの栞にあったように、この「一羽」は、また飛び立つべく助走にはいっているのですから…。おいおい、いつまで助走してる気だよっ。息切れしてるんじゃないか、って? ううーーむ。

  七月のはばたく虫とすれ違ふ     大波

|

« 奥多摩の青鬼灯 | トップページ | お花畑のはなし »

俳句」カテゴリの記事

コメント

お花畑からまいりました、枝豆でーす。先ほどばコメント有難うございました。いったい私めがなんの花なのか知りとうございますが、まあ聞かぬが花っていうことなんでございましょうね。どうぞまた仙川6合目にあるお花畑にいらしてくださいませ。一同華々しくお待ちいたしております。

投稿: 枝豆 | 2006年7月12日 (水) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥多摩の青鬼灯 | トップページ | お花畑のはなし »