« 2006年7月23日 (日) | トップページ | 2006年7月25日 (火) »

ふつつかな一句

この俳諧日記では、かならず文末に俳句をひとつ添えているのですが、告白します、結構真剣につくっているのです(笑)。そのわりに、ふつつかな(笑)俳句しかお目にかけることが出来ないのは、ヘタだからです(失笑)。この間どなたかに、「俳諧日記の俳句は、全部、句会で点が入らなかった句ではないんですか」と言われましたが、それは、あーた、失礼じゃないですか(笑)。全部、新作ですよっ!! 私、自らに課した「席題」のつもりで俳句をつくっているのです。このヒマつぶしみたいな日記を書き込みながら、アタマの中では俳句製造機能をフル回転させて、懸命に俳句をつくっているのです。ブログをはじめてもう四十句ほどつくったことになるのかな? とすると、おお、もう句集の五分の一ほどつくったことになるじゃありませんか! みなさん、第三句集の出版も間近ですぞ(しーん)。

  長梅雨や地を這ふ虫の昨日今日    大波

| | コメント (0)

« 2006年7月23日 (日) | トップページ | 2006年7月25日 (火) »