« 2006年7月12日 (水) | トップページ | 2006年7月14日 (金) »

お花畑のはなし

きのうのブログに対する枝豆さんのコメント、事情のわからない方には「???」という感じかも知れませんね。実は今回の句集「一羽」を出版してくださったF堂さん、編集室に常駐されているのはオール女性で、たまたま打ち合わせなどに私が訪れたとき、「わお、まるでお花畑に入ったみたい!」とあらぬことを口走ったのが事の発端です。それじゃ、私は牡丹の花よ、タンポポはわたしよ、私はセイタカアワダチソウ(笑)とか、それぞれを花に見立てた品定めが始まったんですって。そこで私がF堂ブログにコメントで、枝豆さんは○○の花と思うけれど、それは言わぬが花と(笑)余計な書き込みをしたので、枝豆さんの当俳諧日記登場となったしだいであります。あ、そうか、名前が枝豆さんじゃ、「豆の花」にきまってますねっ。ジャン、ジャン。

  モンゴルの馬の背低きお花畑      大波

| | コメント (0)

« 2006年7月12日 (水) | トップページ | 2006年7月14日 (金) »